婚活カウンセラ―moto’コラム

会員さんとの面談から

カモミールtea

こんにちは!

横浜結婚相談所 マリアージュサンドリヨン横浜・婚活アドバイザー岡崎基子です。

先日、面談から、男性会員さんのご両親の、夫婦としての在り方にとても学ぶところがありました。

結婚観についての記事になります。

弊社サンドリヨンの男性会員さんと面談で、会員さんの入会理由を以前聞いてはいましたが、実はその理由のもっと底には、素敵な理由がありました。

男性さんとお会いしたのは、去年でした。

居酒屋さんんで、仲人と話をしていたところ、私達の会話がお隣のテーブルにまでとどいたたらしく、その時いた男性が、丁度再婚しようかと、思っていたタイミングと重なり、相談所の話をしているうちに、後日改めて説明をすることになりました。

結婚相談所についての説明をしたあと、ご自分もしてみたい!となり、入会となりました。

後になって、何故結婚しようと思ったのか?本当のところの気持ちを聞けたのは、入会からしばらく経ってから。

実は、会員さんのお母さんが、3年前にご病気になり、その時会社経営をされていたお父さんが経営から退き、お母さんの看病に全ての時間を注ぐと決断されたとのことでした。

お父さんが、一代で築いてきた会社を、妻の為に潔く息子にバトンタッチして、自分は妻の看病をしたいと言った事は、会員さんの気持ちを大きく動かした動機となりました。

両親の愛を目でみて、そして妻の為に全ての時間を注ぐ事が、お父さんの幸せだという事。

相手の幸せを願うそのものが、自分の幸せなんだという事に、自分もそんな愛を育んでみたいと思った言っていました。

どんな本や映画や講座より、自分の両親の結婚のかたち、あり方というのは強烈に子供の心に影響するという事を教えてもらいました。

仲人という仕事は、結婚のお手伝いをするのですが、、こんな風に夫婦の愛の物語を教えていただける、有り難い職業だと思います。

また、夫婦は子供の結婚観の素を作る大事な大事な役割があるとも思いました。

会員さんとの面談で、こちらが本音で、本気でお話しが出来る関係性を築くのにも、やはり時間と信用が必要になります。

少しずつ、仲人と会員さんとの信用が出来ていく。

私にはその過程が大事な時間でして、ただ情報共有だけじゃない、人と人との関係性の構築の時間だと感じています。

会ってすぐに、なんでもわかるものではないということですね。

ゆっくりと時間をかけていく面談の時間は、やはり最高の学びの時間と言えますね。

 

結婚をしたい人を心から応援しています。

お気軽にご相談ください♪

-婚活カウンセラ―moto’コラム
-

Copyright© 横浜結婚相談所マリアージュサンドリヨン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.