婚活

婚活の会話とは相手と一緒につくるもの。

カップルの後ろ姿

こんにちは!

横浜の結婚相談所マリアージュサンドリヨンのもとこです!

婚活中、自分は話が得意だと思っているのに、なぜかお断りが続いてしまう.....。

そんな経験ありませんか?

会話は一人で話すのではなくて、相手とのやりとりです。

これは誰もがわかっているんでしょうが、どこまでわかっているかが問題です。

こんな事例がありました。

知識が豊富、話しも流暢。

お見合いはオッケー返事をもらいますが、いつもデート2回目でお断りが来る。

原因は何だと思いますか??

清潔感がない?【いえいえ、、清潔感はあります。】

笑顔がない? 【いえいえ、笑顔もたっぷり。】

原因は、男性が話をすることに夢中になってしまい、相手の反応を全く気にしていないこと。

もし、相手の反応を見ていたら、

知識が豊富で、話しが流暢な人ほど実は相手の反応が見えていません、というか見てません。

会話のテクニックは、話すことより相手の反応を敏感に感じとることが必要なんです。それには、相手女性の話を聴き、そして自分が話をする。

このやり取りを通してはじめて反応が見れる。

いわゆる言葉のキャッチボールですね。

仲のいい夫婦は、どちらかが我慢するんじゃなくて、お互いに相手の話を聞きたいと思う、また自分の話もしたいと思うんです。

話のやり取りが楽しいと感じるから、また相手と会話をしようと思うわけ。

なので、特別な知識や、流暢に話すテクニックなんかいらないんです。

相手の話を聞きたいという姿勢と、自分の話を聞いてくれて嬉しいという感謝の気持ちが必要です。

会話とは、二人でつくり、二人で育てるもの。

-婚活
-

Copyright© 横浜結婚相談所マリアージュサンドリヨン , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.