女性用

婚活は男性を理解する女性が有利

Happyと書かれた本とカップル

こんにちは 横浜結婚相談所マリアージュサンドリヨンカウンセラーmotoです!

婚活をして気になる男性の気持ちがわからない、男性に好かれるにはまずは男性を知ること!

これだけで婚活がかなり有利になりますよ!

 

 

男と女はここまで違う

残念ながらだ男と女は全く違います。

同じ地球人とは思わない方がいいくらい違います。

 

そもそも会話をしていて「ん?なんで??」と思うことありませんか?

男性と女性は会話の目的から違うんですね。

会話の目的そのものが違うから自分のことをわかっていない、と勘違いすることもあります。

女性にとっての会話は、気持ちのやり取り、目的は会話そのもの。

男性にとっての会話は、情報のやりとりで、目的は結果を得るための手段。

女性は自分の気持ちを固めたいから話す、男性は自分の気持ちが固まってから話す。

女性は悩みを聞いてほしいだけ、男性は悩みを解決しようと頑張る。

女性は気持ちを察してほしい、言わなくてもわかってほしい、男性は言われたことしかわからない。

会話だけでもこれだけ違います。

また男性がされたくないことも女性とは真逆なのでここも知っておいた方がいいと思います。

 

女性は男性から「大丈夫?大変じゃない?」と心配されると嬉しいですが、男性は違います。

 

女性は自分の事を心配してくれることに愛情を感じるようですが、男性は自分が心配される事に信頼されていないと解釈します。

男性はいつでもヒーローでありたいと思っているもの。

「大丈夫?仕事うまくいきそうなの?」と女性がよかれと思った言葉は、男性には「あなたには無理、あなたには出来ない・・・」そんな風に聞こえてしまいます。

心配は信頼に置き換えて話をしたほうが、男性には心地いいのです。

男性は心配されることに喜びは感じません。

 

また、

「あの時○○言われたから」

「あなたにそう言われたから○○したのに」

「○○された」

「○○られた」

このように、なんとなく無意識に自分が被害者になっているような口癖の方は、注意が必要です。

自分の本当の希望を相手に伝えられず、我慢してしまう。

その結果相手が自分の思い通りにならなくて無意識に相手のせいにしてしまう言動は、男性にしてみたらまるで自分が加害者とみられてしまっているようで、とても苦しい気持ちになってしまいます。

これは男性が敬遠する女性のタイプといえます。

 

好かれようとすると逆に引かれてしまう

好きな人に好かれようとすると、嫌われないようにしようと思い相手の顔色を気にして、嫌われたくないから本音は言わなくなり、自分を自分以上に良く見せたくなってしまいます。

相手の反応や言葉に自分が合わせている姿はなんとなく不自然ですし、自分でも楽しさを感じなくなってしまいます。

相手の価値観にすべて合わせなくていいし、恋愛の駆け引きも必要ないと思っています、好きな物は好き、苦手な物は苦手。

相手から見える自分にばかり気持ちが向いてしまうというより、相手に気持ちを向けてあげた方が関係性は上手くいき、本音で話せるコミュニケーションが出来ていきます。

我慢の恋愛は結婚には繋がりにくいので、自分に正直に本音で相手に向き合ったほうが、男性からも魅力的にみえます!

 

男性は察する事はできない

男性は女性の気持ちを察することはほぼ不可能といえます。

察する機能はついていないと思っていいと思います。

よく聞く話ですが、わかっていても一体どこまで察する事ができないのかはわかりにくいですよね。

どれくらい察する事ができないのか、ちょっと例をあげてみますね。

私の場合朝食の支度をしている時間は、めちゃくちゃ忙しいんですが、この時間戦闘モードにスイッチを入れないと間に合わないので動きがやたら大きい、つまり雑・・・

ご飯の準備をしながらお弁当を作り、夜の準備も出来るとこまではやろう!と思っているのでまあうるさい動作だと自分でも思います(泣)

時間までには家事を終わらせたいのでバタバタと動きが大きい。

身体から湯気が立ち上っているんじゃ??っとおもうくらい必死です。

そんな中、夫は珈琲好きなので、ミルできこきこ豆を挽いています・・・・・

ゆっくりと、穏やかに挽いています。

夫は静かにただただ美味しい珈琲をいれようとしているだけ。

「どうぞ」と言って差し出された珈琲はとても美味しいんですね。

男性には察する機能はやはりついていないと、毎日感じています。

そんなにゆっくり出来る時間があるなら、私の忙しさになんで気がつかないんだろう?

と察してほしいと思いながらも、言わない自分。

「忙しいから、お皿を出してもらえる?」といえば済む話です。

言わないという事は、自分で言わない方を選んでいるからなので、彼に不満を持つことはおかしな話になります。

私としてはお皿を出してもらうより、美味しい珈琲を選択したのですから。

男性に察してほしいと思ってモヤモヤするより、伝えたい事はしっかりと具体的にシンプルに言えばいい。

言い方は「○○してもらえると嬉しい」と自分の気持ちも言ってみる。

「○○してくれてありがとう!とても嬉しかった!」と素直に喜ぶと、男性はいかなる時でもヒーローでいたいので、相手の喜びと感謝の言葉はストレートに心に届き、心は満たされます。

 

まとめ

婚活中相手の言動に一喜一憂してしまうのは、相手を好きだからこそ。

出会いがお見合いという形ですがそこから恋愛が始まり悩んだり立ち止まったりしながら、成婚に向かっていきます。

男性と女性は違うもの!

そこをわかるかどうかで、婚活は勿論のことその先の結婚という生活にも関わってきます。

 

婚活を通しての経験は、とても貴重な活きたレッスンとも言えますので、自分に自信を持って本音で活動しましょ!!

凹んだ時は、仲人になんでも言って、また立ち直って頑張ればいい。

 

みなさんの婚活を心から応援しています。

-女性用
-,

Copyright© 横浜結婚相談所マリアージュサンドリヨン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.