女性用 婚活

窮屈な相手はどんなに好きでも苦しい

コアラが寝ている姿

こんにちは!

横浜の結婚相談所マリアージュサンドリヨン横浜 婚活アドバイザー岡崎基子です。

人生で一度や二度、誰でもどうしようもなく好きになってしまう人っています。

それが恋愛であれば、そのまま追っていくのもありですが、結婚となればそうはいきません。

感情に任せるのではなく、自分の心に聞いてみてほしい。

婚活相手の選び方についての記事になります。

その人と一緒に居る時の自分を見てみる

人を好きになる時、いわゆるときめきがあり、そして相手を好きになりますよね。

その人の事を四六時中考えてしまって、他の事を考えられなくなる。

胸はどきどきするし、とにかく相手に会いたいとしか思えない自分。

若い時の恋であればそのまま両想いになるよう頑張るのはありですが、結婚相手の時はちょっとこれだと危険です。

恋している自分をよく見てほしいんです。

彼と要る時、自分はどんな自分なのか?ってことです。

夢中になってしまうあまり、無理して我慢ばかりで、窮屈じゃないですか?

その人と要る時、嫌われたくないから、本当は苦手なジャンルのライブに行ってやたら疲れたり、嫌いな食べ物を好きなフリして食べて気持ち悪くなったり、好きなのに、話がめっちゃ面白くなかったり・・・・

何故か一緒に居る時の自分が、まるで知らない誰かみたいに感じたり・・・

恋愛なら何も言いませんが、結婚となるとちょっとまった!と言いたくなります。

結婚は、一週間とか一か月とかの期間じゃなくて、何十年という長い時間を一緒に過ごすから。

どんなに好きな相手でも、窮屈だとしたらそれは結婚という長い時間のうちには、確実に自分を苦しめる事になります。

大好きだから、嫌いなジャンルも我慢する、大好きだから、嫌いな食べ物も我慢する。大好きだからつまらない話も我慢して聞ける・・・

要は我慢しているってことです。

結婚して、その我慢をずっとし続けるなんて、自分が苦しすぎます・・・・

ときめきで始まった恋愛感情は残念ながらそんなに長くは持たない💦

みなさんそこはわかっているから大丈夫!と言いますが、婚活を始めてみると実際は前の自分の恋愛経験からくる感情を素にしているから、あの時のときめきが必要と思いがちなんですよ。

でもね、ときめいて交際した相手をよくよく思い出してみてくださいね、その時のあなたは、いつものあなたでしたか?

自分が自分でいられましたか?とね。

どんなに素敵で、どんなに好きでも、窮屈だったら、ながくは持ちませんからね。

ときめきより、自分を自分らしくいさせてくれる人じゃないと、持ちません。

無理していない自分を受け入れてくれるって、自分を認めてくれるってことですよね。

そんな相手といるとね、時間が経つほどに愛を感じるものですよ。

相手からだけじゃなくて、自分も相手にしてあげれることで、愛を育む。

結婚相手と、恋愛相手は違います。

外見や条件よりもっと大切なもを見つける為に、我慢するより、のびのびと出来るお相手を見つける為に。

結婚相手を見つける婚活のお手伝いをしています。

婚活に対する疑問、不安など無料相談から申し込んでみてくださいね。

結婚したい人を心から応援しています!

 

-女性用, 婚活

Copyright© 横浜結婚相談所マリアージュサンドリヨン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.